お家がなくなった~~~ その2

友達から電話があったその日

僕はダブルヘッダーで仕事で

ちょっと なかなか状況を確認することができず

沸き上がる思いとか この数週間

突然く悲しくなったりしたのは もしやとか ま いろいろ考えちゃったわけ

何もいまでなくても~~とかね

だけど 古かったし 危険だったし仕方ないことだしね

だけど 片づけた兄弟たち 大変だったろうな

ありがとう お疲れさまでした

僕はその日 頂いたおはぎを なくなったお家さんに捧げて

そしてぱくぱくしました